肌に必要なコラーゲンドリンク|絶対見逃せない健康法

男性

目の疲れを放置しない

目の疲れ

目だけでなく頭や肩にも

現代人はパソコンやスマートフォンなどの電子機器を使うようになり、目を酷使するようになりました。眼疲労であれば、休んだり、疲れ目用の眼薬で回復できます。しかし、休んでも回復しない場合は眼精疲労というれっきとした病気になります。眼精疲労は眼がかすんだり、充血したり、痛みを感じます。それ以外にも肩こりや片頭痛なども引き起こします。ただの疲れだと思っていたら、緑内障や白内障などの病気かもしれません。休んでみても治らない場合は、一度病院で視力や眼圧などを調べることがお勧めです。メガネやコンタクトレンズを使っているのであれば、度があってないことで眼精疲労が起きることもあります。受診時はメガネやコンタクトレンズを一日にどの程度使っているかや、いつから使い始めているかを伝えます。

症状緩和するために

仕事でパソコンを使ったりする場合は、使わないわけにはいきません。眼精疲労の症状を和らげたり、予防するためには適度な休憩をはさむことが重要です。頭痛や肩こりの解消にもストレッチは有効です。休憩がてらストレッチをすることがお勧めです。瞬きを意識的にすることも効果があります。また眼の周りを蒸しタオルで温めると血流が良くなり、症状が改善されます。つぼを押すことやストレッチは血流が良くなるので眼精疲労にはいいのです。眼精疲労のサプリメントも効果があります。ビタミンBは視力低下や眼の病気を予防する効果があります。ビタミンAは角膜の表面を保護する細胞を活性化します。ブルーベリーに含まれるアントシアニンも眼の疲れをとることが有名です。食品で摂ることが難しい場合はサプリメントは強い味方です。